天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

今年も田んぼデビュー

img326.jpg
ここのところの雨とポカポカ陽気で、田んぼの雪が消えたよ。
今年初の田んぼで散歩。




img327.jpg
なんかたまらない香りが・・・この香りはウンPを誘うんだ。
かーちゃんは「くしゃい、くしゃい」って何回も言ってた。
ボクにはスリスリしたいくらいのいい香りなんだけどな~。




img328.jpg
この橋を渡るのも久しぶり。
なんだか去年よりも揺れが大きくなったような・・・?




| てるの日常 | 09:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脱走犬?迷子犬?

昨日の日曜日、てるを病院に連れていくため(爪切り&肛門腺絞り)国道を走っていた。
もんすけが突然「あっ、わんこ!」と言った。
歩道を見ると白い(グレーがかった白)わんこが一人で歩いている。
ボ~ッとしていた私にはチラッとしか見えなかったけど、足を引きずっているようだった。
車を脇道に停めて、てるのおやつを持って、わんこのいた方向へ行ってみたけど・・・いない。
昨日はポカポカだったから雪も融けて足跡もない。
小路に入ってしまっていたらみつけられないな~と来た道を戻ったら・・・国道を渡り向かい側を歩いている。
交通量の多い国道だし、中央分離帯には柵があるし、どうやって渡ったのか?

そのわんこの近くには女性がいて手を差し伸べていたが、わんこは知らん顔。
よく見ると3本足・・・前足が1本しかないけど、歩くのが結構速い。
道路に飛び出そうとしてダンプに轢かれそうになり、ドキッとした。

その少し後ろに停車中の車、車のそばにいたおじさんに聞くと、奥さんが勤めている病院のわんこだって。
グレーっぽい白だから、きっと外で飼われてるのかな?
鎖はついていないから、外れて脱走してきたのかな?
偶然そのわんこのこと知ってる人が通りかかって良かったね。
呼んでも知らん顔してたわんこだけど、てるのおやつにつられてやってきて、冒険はお終い。


グレーのわんこ、首輪はしてたけど迷子札はつけていなかった。
それにあんなに交通量の多い国道で、事故に遭ったりしたら大変だよね。
わんこって追いかけると逃げるから、つかまえるのも大変だよね。
あ~、何事もなくて良かった~!


実は・・・てるは呼び戻しができない。
自分に都合のいい時は呼ぶと来るけど、それ以外の時は呼んでも無視される。
なので、どんなに広くて車の来ない場所に行ってもノーリードにしたことがない。
そんなてるが迷子になったら・・・?脱走したら・・・?
考えるとゾッとするよ。
やっぱりきちんと呼び戻しができるようにしておかなくちゃまずいのかな~?



img325.jpg
のほほ~んとしてるけど、なかなか頑固なところも・・・。



| てるの日常 | 15:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポッカポカ

img321.jpg
今日はとってもいい天気で、ポッカポカだった。
ひっさしぶりに大好きな馬見ヶ埼川に行ったよ。




img322.jpg
雪は残ってたけど、嬉しくて嬉しくて・・・イヤッホ~イ!!




img323.jpg
残ってた雪がシャーベットみたいだったから、
とーちゃんとかーちゃんの靴に浸みちゃったらしい。
長靴じゃないとダメだな~だってさ。

もう帰るの~?ボク、もっと遊びたいよ~。




img324.jpg
こんなとこは春の香りがしてた。
もうすぐ春だね~!!




| てるの日常 | 19:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春だと思ったのに・・・

12日、先週の木曜日のこと
うめちゃんに会いに行ったのに、うめちゃんはお家の中でグーグー寝てた。
ボクが覗いてもグーグー寝てて、目を覚まさなかったよ。


img318.jpg
かーちゃん、うめちゃん寝てたよ。




img319.jpg
つまんない・・・。


   
   これが5日前、雪は融けちゃって道路の隅っこにほんの少し残っているだけだった。
   花粉も飛び始めて、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・・・春なんだな~と思ってたのに。
   また冬に逆戻り・・・寒暖の差があり過ぎて、かーちゃんの体はついてけないです。
   


img317.jpg
朝起きたら、また雪が積もってたよ。
夕方になったら、もっと積もってた。




img320.jpg
散歩の途中で吹雪いてきたんだ。
雪は好きだけど、もう春だ~!って思ってたから、テンション下がっちゃうな。




| てるの日常 | 19:34 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食事中

とーちゃんとかーちゃんが食事中・・・

img316.jpg
てるはこんな顔でこっち見てる。
よだれ垂らしながら、ずっと見てる。
かーちゃんが何もくれないって分かると、とーちゃんの横で同じことをする。

それでももらえないって分かると、泣きそうな顔になる。
とーちゃんとかーちゃんは、そんなてるの顔に弱いのです。




| てるの日常 | 11:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬と猫と人間と

「映像グループ ローポジション」を知っていますか?
現代版「蟹工船」としてテレビでも紹介され、現在上映中の「フツーの仕事がしたい」の監督、土屋トカチさんが所属する、フリーランスの映像制作者の共同事務所です。
その「映像グループ ローポジション」さん制作「犬と猫と人間と」の紹介です。


20090123_443187.jpg


20090129_445073.jpg


あらすじ
この映画は一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれた。
頼まれた監督は犬猫の問題にはまったく無知。
そこから犬と猫を取り巻く全国の様々な現場、果てはイギリスや過去に及ぶ、4年近い旅が始まる。
映し出されるのは、犬と猫のかわいい姿だけでなく、行政施設でまもなく殺処分されるという姿、捨てられた命を救おうと奮闘する人々の姿。
そして知られざる多くの事実と、浮かび上がる私たち人間の業…。

作品解説
日本全国で処分される犬と猫は年間約35万頭。
1日あたり1000匹近くが殺されている。
そんなかわいそうな姿など見たくない。
そう思う方も多いだろう。
確かに本作には、目をそむけたくなるような現実も映し出される。
しかし、その姿に涙しながらも、観終えた後は不思議と、救いようのない不快な重さや暗さに引きずられない。
それには、合間に登場する犬と猫のユーモラスな姿が笑いを誘うこともある。
また、淡々とした監督自身のナレーションが観る者の感情を鎮め、困難にめげず活動し続ける人々の生き方が、潰れそうな気持ちを励ます。
動物のことには興味が湧かない、という方もいるだろう。
だが、映画が進むにつれ、本当に見えてくるのは人間の姿だと気づくはずだ。
本作には、感傷を乗り超えて、社会を見つめ直すためのヒントがある。
観終えた後にあなたも、自分にできることを探したい、と思うかもしれない。

「映像グループ ローポジション」HPより引用



「映像グループ ローポジション」ブログより予告編を見ることができます。


この映画はこれから各地で劇場公開できるように働きかけて行かれるそうです。
その後はDVDでの販売や自主上映会の募集などをして、広く観てもらえるようにして行きたいとのことです。

大々的な宣伝などはできないので、人の繋がりの中で広めていってもらえたら・・・と希望されていらっしゃいます。
映画のチラシを置いてもらえるところがあれば、送ってくださるそうです。

一人でも多くの人に見てもらって、処分される犬猫の現実を知ってほしいと思います。



| 映画・DVD | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人になっただいちゃん

昨日だいちゃんちの前を通ったら、玄関の前にだいちゃんがいた。
寒くなってからは外にいることが少なくなって、会えなかったもんね。
久々に会っただいちゃんはすっかり大人の男になっていて、筋肉質のしっかりした身体つき。
てるにボコッて乗っかってくるのも力強いし、心なしか攻撃的な感じがした。

そこに出てきただいちゃんのお母さん。
てるはだいちゃんのお母さんもお父さんも大好き(おやつくれるから)、だいちゃんなんかそっちのけでお母さんに愛想ふりまく。
「てるちゃん、これ食べる~?」とだいちゃんの食べ残しのご飯をくれた。
食いしん坊のてるだもの、出されたものは食べるに決まってる。

あひる「ダメダメ、それはだいちゃんのご飯だよ。」
だいちゃんのお母さん「いいのいいの、だいはどうせ食べないんだから。てるちゃん食べて。」

だいちゃんはまだ膀胱炎が完治していなくて、療法食を食べている。
美味しくないから食べ残しちゃうけど、てるに食べられるのは気に入らないんだよね。
てるに向かって今までにない勢いで吠えかかってきた。
そうなるとてるのガウガウ魂に火がついて、激しいガウガウバトルが始まった。
もう「あそぼっ!」っててるに乗っかってきた子供のだいちゃんじゃない。
どっちもかなり本気のヤバ~い雰囲気になってしまった。

てるを止めようとして右足を踏ん張って一歩前に出した時、ちょうどてるが「ガウッ!」と・・・。
そこにあったのは私の太もも。
「やられた~~!!」って思ったけど、だいちゃんのお母さんがいたからガマンしたよ。

「最近なんだか攻撃的になってきて・・・去勢した方がいいのかな~。」ってだいちゃんのお母さんは言ってた。
「子供作らないんだったら、その方がいいと思う。」と私。
去勢するメリットなんかもチラホラ話しつつ帰ってきた。

でもきっと去勢手術しないんだろうな~。
だいちゃんが膀胱炎になった時「いまの病院で本当に大丈夫なのかな~?」って言うから、「不安だったら他の病院で診てもらった方がいいと思うよ。」って話したけど行かないし・・・。
しばらくして「まだ治らない。」って言うから「他の病院に行ってみた?」って言ったら「はいはい」って。

だいちゃんは何回も脱走してて、それを聞くたびに鑑札と迷子札をつけるように話してもいまだにつけてないし。
てるの迷子札見て「あら~、こんなのあるんだ。いいね~。」なんて言うんだけど・・・。
しかも「事故に遭ったら大変だからノーリードはダメだよ。」って言っても、田んぼの方に行くとリードはずして走らせてるし・・・。

あ~ぁ、なんだかな~。


私の太ももはアザになって、痛いです。
でも・・・てるは咬もうと思って咬んだのではありません。
ガウッとしたところにたまたま私の太ももがあっただけのことです。
てるの名誉のために・・・。

ま、だいちゃんのお母さんの太ももじゃなくて良かったです。




img315.jpg
かーちゃん、ごめんなさい。




| てるの日常 | 11:03 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月