天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

りんりんを救え!

121013-11.jpg

函館には競輪場があります。
そこには「りんりん」というゆるキャラがいます。
そのりんりん、来場者数102477名を達成できないと活動停止になってしまうのです。
ノルマを達成すべくりんりんは頑張っていますがなかなか難しいようなのです。

「是非ともりんりんを助けたい。近い将来には函館競輪にいくので何とかして欲しい」
という皆様からの熱い声にお応えして、
 りんりんFacebookの「いいね!」
Twitterの「リツイート数とつぶやき数」も来場者数としてカウントすることになりました!

とのこと...
応援よろしくお願いします。
詳しくはこちら
   ↓

函館競輪のPRキャラクター「りんりん」が存亡の危機にある。
10月までに同競輪場の本年度の入場者目標を達成できなければ、活動休止に追い込まれる事態に。
競輪のファンや売り上げが減少傾向にある中、誕生から約30年のゆるキャラに「ゆるくない(大変な)試練」(運営会社)が課せられている。

市競輪事業部などによると、りんりんは競輪場職員が「くま」の愛称で考案し、1983年ごろには〝生存〟が確認されているが、正確な記録は不明。
90年には一般公募で「りんりん」に改称し、07年には妹の「ぷりりん」も登場した。

道内唯一の競輪場を広くPRしようと、クマがモチーフの競輪選手という設定だが、全国的なゆるキャラブームにあっても存在感は薄く、市民の認知度もいまいち。
握手会を開いても用意したサイン色紙が山積みで余るなど人気が低迷していた。

今回のミッションは、本年度の同競輪場の来場者数目標の10万2477人を達成できなければ活動休止、というキャラ生命を懸けたもの。
水面下で新キャラ構想も浮上する中、本年度からはインターネットの交流サイト「フェイスブック」も始め、りんりんがPRに奮闘する姿を伝えている。

厳しい業務命令の背景には、車券の売り上げや入場者数の減少で、全国で競輪事業が存廃の岐路に立たされていることがある。
函館競輪場もピーク時の1975年には年間約53万5000人が来場したが、2001年以降は10万人を割り込んでいる。

本年度は10月21日までの開催日程だが、8月末時点の来場者は6万5928人と、目標ペースより約9000人少ない厳しさ。
市から包括運営委託を受ける日本トーター函館競輪事業所は「普段は感じられないスリルやドキドキ感が競輪の魅力。
まずは気軽に競輪場に足を運んでほしい」と呼びかけている。




121013-13.jpg

競輪は分からないけど、りんりんを救いたいと思うあひるです。
よろしくお願いします!

開催日:あと3日、10/19.10/20.10/21
来場者数:あと17,140名



りんりんFacebookの「いいね!」

Twitterの「リツイート数とつぶやき数」




| あひるのひとり言 | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teruncho.blog56.fc2.com/tb.php/1098-a5649463

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT