天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

でんクンと一緒 つづき

7-92.jpg

日曜日の夜にとうちゃんも帰ってきたから、ボクはご機嫌。
とうちゃんは久々にでんクンに会って、嬉しかったみたい!
でんクンも嬉しそうだった...
とうちゃんはでんクンにべったりだったけど、でんクンだからとうちゃん貸してやったよ。




7-93.jpg

でんクンと一緒の散歩は、とうちゃんも一緒でますます楽しくなった。
やっぱみんな一緒が一番だよね~!




7-94.jpg

月曜日は雨も上がって、みんなで「浜田廣介記念館」てとこに行ったよ。
浜田廣介っていう人は「泣いた赤おに」の作者なんだってさ。




7-97.jpg

記念館の前には、赤おにさんが書いた看板があった。
面白いねっ!




7-98.jpg

でんままとかぁちゃんが記念館の中にいる間、ボク達はお庭を散歩...




7-95.jpg

これが「泣いた赤おに」
なんだか可愛いね。




7-96.jpg

「泣いた赤おに」のお話、知ってる?




7-99.jpg

記念館の隣りに、こんなお家があった。




7-100.jpg

このお家は、浜田廣介さんの生家なんだって。
ボクとでんクンは入れなかったけどね...




7-101.jpg

久々に会ったでんクンと、またまた楽しい思い出ができたよ。
色んなこと、でんクンと話したしね。
「また会おうね!!」って約束したよ。



「泣いた赤おに」



「泣いた赤おに」あらすじ




山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。
赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家の前に、「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。」
と書いた、立て札を立てました。

けれども、人間は疑って、誰一人遊びにきませんでした。
赤鬼は悲しみ、信用してもらえないことをくやしがり、おしまいには腹を立てて、立て札を引き抜いてしまいました。

そこへ、友達の青鬼が訪ねて来ました。
青鬼は、わけを聞いて、赤鬼のために次のようなことを考えてやりました。

青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。
そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。そうすれば、人間たちにも、赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう、と言うのでした。
しかし、それでは青鬼にすまない、としぶる赤鬼を、青鬼は、無理やり引っ張って、村へ出かけて行きました。

計画は成功して、村の人たちは、安心して赤鬼のところへ遊びにくるようになりました。
毎日、毎日、村から山へ、三人、五人と連れ立って、出かけて来ました。
こうして、赤鬼には人間の友達ができました。
赤鬼は、とても喜びました。
しかし、日がたつにつれて、気になってくることがありました。
それは、あの日から訪ねて来なくなった、青鬼のことでした。

ある日、赤鬼は、青鬼の家を訪ねてみました。
青鬼の家は、戸が、かたく、しまっていました。
ふと、気がつくと、戸のわきには、貼り紙がしてありました。
そして、それに、何か、字が書かれていました。

「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。
もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。
さようなら、体を大事にしてください。
どこまでも君の友達、青鬼。」

赤鬼は、だまって、それを読みました。
二度も三度も読みました。
戸に手をかけて顔を押し付け、しくしくと、なみだを流して泣きました。


| てるの日常 | 16:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホクも親友のデニィにだったらチュンチを貸してあげてもいいや^^でんくんはてるくんの大事なお友達だものね♪
でんくんと楽しい時間が過ごせてよかったね^^
また会えるのが楽しみだね☆

「泣いた赤鬼」あらすじを読んで思い出しました。自己犠牲で友達を思いやる心、小さい頃に青鬼さんから学んだのを思い出しました。

| ポンチュ | 2007/07/19 11:46 | URL | ≫ EDIT

てるくん、よかったねぇ♪
でんくんと、「泣いた赤おに」の話を読んだんだね。
読んだ方も、泣いちゃうよねぇ。

ぶうこは、行ったことないけれど
私は、記念館の反対側の日帰り温泉に行ったことがあります。
高畠ファームも大好きです。

| つま | 2007/07/19 12:20 | URL | ≫ EDIT

i-100ポンチュしゃんへ

あのね、でんクンと遊んでた時間は楽しかったのに、
お家に帰ったらでんクンがいなくて寂しかったよ。
部屋中探しまわっちゃった・・・いつものことなんだけどさ。

かぁちゃんも「泣いた赤おに」を読んで、子供のころを思い出したんだって。
いいお話だよね~。i-176

| てる | 2007/07/19 16:30 | URL | ≫ EDIT

i-100つましゃんへ

「泣いた赤おに」って泣けるお話だよね。
でも、ボク、青おにしゃんにはなれないだろうな~。

高畠町って、のんびりした感じがするね。
あちこちに原っぱがあって、ボクは好きだよ。
今度ぶうこちゃんも、赤おにしゃんに会いに行ってみて!i-236

| てる | 2007/07/19 16:36 | URL | ≫ EDIT

昨日は僕のとこに遊びに来てくれてありがと~
すごく嬉しかったよe-420

てる君は、でんクンと会ってたんだね。
とっても楽しそうで、羨ましいなe-2ホント仲良しだねe-343

「泣いた赤おに」のお話。
泣けてくるよe-263

| クンクン | 2007/07/20 08:50 | URL | ≫ EDIT

i-100クンクン君へ

クンクン君、久しぶりだよね~。
実はでんクンとも、久々に会ったんだよ。
でんクンは、ボクが唯一ずうっと一緒にいられるわんこなんだ。
二人でお留守番もしたんだよ。i-87

「泣いた赤おに」はほんと泣けるよね~。
青おにしゃんて、すっごくいい奴だね!

| てる | 2007/07/20 14:22 | URL | ≫ EDIT

おおお~!でん君だ!久しぶり!^^
それにしてもてる君のおうちの近くはいろいろあるねえ。
僕のおうちの周りは木材屋さんと田んぼでいっぱいだ~。

僕は子供の頃、泣いた赤鬼の話が好きになって、
大人になって1人暮らししても絵本を買ったよ。
(大人だけのおうちなのに絵本がいっぱいでちょっと恥ずかしい)
日本のお話だったんだねえ。←そこに驚き。中国のお話かと思ってた^^;

この間うちの家族が1年ぶりぐらいにてる君のブログ一緒に見て
「なんかてる君すっごい見た目変わった!」
って驚いてたよ。僕はよく見てるからよくわかんないなあ。

| 石川アキラ | 2007/07/21 01:39 | URL | ≫ EDIT

i-100アキラしゃんへ

でんクンとは久々に会えて嬉しかったよ!
一緒にいると、なんだか安心するんだよね~。

あのね、ボクんちのまわりは、田んぼと畑ばっかなんだよ。
公園とか行く時は、とうちゃんに車で連れてってもらうんだよ。
近所にあるのは、コンビニだけなんだ・・・

ボク、変わったかな?
変わったと言えば、おデブになったことかな?
「てるクンは顔よりも首が太いね~」ってラブちゃんのお母さんにいつも言われる。
病院の先生にも「これ以上太らないようにね」って言われたよ。i-280

| てる | 2007/07/22 21:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teruncho.blog56.fc2.com/tb.php/144-461cb6af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT