天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬と猫と人間と

「映像グループ ローポジション」を知っていますか?
現代版「蟹工船」としてテレビでも紹介され、現在上映中の「フツーの仕事がしたい」の監督、土屋トカチさんが所属する、フリーランスの映像制作者の共同事務所です。
その「映像グループ ローポジション」さん制作「犬と猫と人間と」の紹介です。


20090123_443187.jpg


20090129_445073.jpg


あらすじ
この映画は一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれた。
頼まれた監督は犬猫の問題にはまったく無知。
そこから犬と猫を取り巻く全国の様々な現場、果てはイギリスや過去に及ぶ、4年近い旅が始まる。
映し出されるのは、犬と猫のかわいい姿だけでなく、行政施設でまもなく殺処分されるという姿、捨てられた命を救おうと奮闘する人々の姿。
そして知られざる多くの事実と、浮かび上がる私たち人間の業…。

作品解説
日本全国で処分される犬と猫は年間約35万頭。
1日あたり1000匹近くが殺されている。
そんなかわいそうな姿など見たくない。
そう思う方も多いだろう。
確かに本作には、目をそむけたくなるような現実も映し出される。
しかし、その姿に涙しながらも、観終えた後は不思議と、救いようのない不快な重さや暗さに引きずられない。
それには、合間に登場する犬と猫のユーモラスな姿が笑いを誘うこともある。
また、淡々とした監督自身のナレーションが観る者の感情を鎮め、困難にめげず活動し続ける人々の生き方が、潰れそうな気持ちを励ます。
動物のことには興味が湧かない、という方もいるだろう。
だが、映画が進むにつれ、本当に見えてくるのは人間の姿だと気づくはずだ。
本作には、感傷を乗り超えて、社会を見つめ直すためのヒントがある。
観終えた後にあなたも、自分にできることを探したい、と思うかもしれない。

「映像グループ ローポジション」HPより引用



「映像グループ ローポジション」ブログより予告編を見ることができます。


この映画はこれから各地で劇場公開できるように働きかけて行かれるそうです。
その後はDVDでの販売や自主上映会の募集などをして、広く観てもらえるようにして行きたいとのことです。

大々的な宣伝などはできないので、人の繋がりの中で広めていってもらえたら・・・と希望されていらっしゃいます。
映画のチラシを置いてもらえるところがあれば、送ってくださるそうです。

一人でも多くの人に見てもらって、処分される犬猫の現実を知ってほしいと思います。



| 映画・DVD | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teruncho.blog56.fc2.com/tb.php/377-6bab29c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT