天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

病院で

てるがガウガウ犬だってことはいままで何度も書いてきました。
うちに来てから1~2年は、病院の待合室でももれなくガウガウするので
車の中で順番待ちをしていました。
それがいつからか普通に待合室で待てるようになり、
いつからか病院の待合室限定で、超フレンドリーなわんこに変身。
待合室にいるわんこ全員に(にゃんこやうさぎやフェレットにも)
自分からあいさつするようになりました。
・・・と言うより、あいさつしないと気が済まないくらいの勢いなのです。



100215-1.jpg

病院では「いい子だね」「大人しいね」とみんなに言われてます。
今日は待合室にだぁれもいない。
誰か来ないかな~って、窓の外を見てます。

・・・なのに、さっき待合室であいさつしたわんこと外で会って「ガウッ」てするのはなんで?



li_wan-01_20100215154652.gif



犬と、いのち


100215-2.jpg

もう知ってる人も多いと思う「犬と、いのち」
犬の殺処分について少しは知ってるつもりの私だったけど、
定点定時回収(犬や猫がゴミ収集のように回収される)という言葉を初めて知り
ショックを受けたと同時に、まだまだ知らないことがあるのだと実感しました。

本の印税の一部は保護犬のために使われるとのことです。


内容紹介

昨今話題となることの多い、犬の殺処分を巡るヴィジュアルブック。
犬たちを中心に処分施設の内実をつぶさに追ったモノクロ写真と、
この問題を長年取材してきた著者による胸を打つ文章とで構成された、
人間と動物との関係を問い直し、”いのち”を見つめる一冊。
無責任な飼い主によって捨てられた犬たちを、一匹でも多く救うために、
私たちにできることは?
巻末には全国の主な動物収容施設一覧も掲載。


内容(「BOOK」データベースより)

あなたの想いが届けば、きっとこの子たちを新しい家族が迎えてくれるでしょう。
年間10万頭もの「処分」される犬たちを1頭でも多く救っていきたい・・・
あなたができる、犬たちを救う11の方法。

Amazonより引用




| てるの日常 | 15:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

てるくん、大人になってまぁるくなったのかな?
嬉しい変化だね。
だいたいの子は嫌いな待合室だけれど、
てるくんは特別な「何か」を感じるのかもね。

紹介されてた本、初めて知りました。
定点回収ってまだあるんだよね。
茨城の議員さん達は「定点回収をやめると捨て犬が増えるから」って言って、
やめようとしないんだって。
信じられないよね、今はもう21世紀だよ!

あ、それから犬の足跡型のたわし、すっごくかわいい!!
あひるさんって器用なんだね、私のなんか…エ~ンv-406

そうそう、昨日マルコ・ブルーノさんにお会いしたんだよ。
詳しくはまたブログで報告するね♪

| さおわんわん | 2010/02/15 20:35 | URL | ≫ EDIT

てるくん本当にまあるくなったのかもしれませんね。
栗たんに見習ってもらいたいものです。といっても
栗たんの場合はわんこに全く興味なし。なんだけどね。

私も本のこと初めて知りました。
ちばわんのセンターレポート見ていて悲しくなります。そして、今ウチに居る林檎を見ても悲しくなります。こんなにいい子なのにどうしてって。
人懐っこくて、明るいわんこです。
ブログに登場しました。見てくださいね。

| 栗ママ | 2010/02/15 20:49 | URL | ≫ EDIT

★さおわんわんさんへ

てるは病院に行くのを嫌がらないんだ。
だから、待合室にいる子達に「どしたの?だいじょぶ?」って
言ってるような気がして・・・カンペキ親バカなんだけどね。

定点回収って、初めて知ったの。
やめると本当に捨て犬が増えちゃうのかな?
どっちにしても悲しくてやりきれない話だな~。

たわしは、写真なのでボロが見えないから・・・(笑)
すっごいテキトウなんだよ、恥ずかしいです。

マルコ・ブルーノさんに会ったんだね。
「犬と猫と人間と」にも出演されてました。
ブログ、楽しみにしてるよ。

| あひる | 2010/02/16 13:12 | URL | ≫ EDIT

★栗ママさんへ

栗たん、わんこに興味なしか~。
てるにそうなってほしいって、どれだけ思ったか分かりません。
わんこと見れば向かってく、ほんとは弱っちぃからプルプル震えながら・・・。
なので、病院限定でも、自分からあいさつするてるを見るのは嬉しいのです。

ちばわんのセンターレポートは私も見てるよ、泣きながら・・・。
どうしてこうも、次から次と!
あの子達の目を見ると、自分が人間だってこと恥ずかしくなるよ。

いよいよ始まったんだね、預かりさん。
栗ママ&栗パパさんはもちろんだけど、栗たん頑張れ~!って応援してます。

| あひる | 2010/02/16 13:21 | URL | ≫ EDIT

犬の殺戮

ヨーロッパでは犬の殺戮を行う国はEUのメンバー国になれません。
日本の保健所で行われているような処分はEU諸国では認められていないのです。
私が住んでいたプラハには迷い犬や捨てられた犬を保護する施設がいくつもありました。
飼い主が迎えに来なかったり、新しい家族が得られなかった子は終生この施設で愛されて過ごします。
日本からも犬の殺戮がなくなりますように!

| マリコ | 2010/02/18 15:56 | URL | ≫ EDIT

★マリコさんへ

日本の保護犬への対応は、ヨーロッパに比べるとかなり遅れていますよね。
「犬と猫と人間と」に出ていた獣医さんが、「人間の暮らしが豊かにならないと捨てられた犬猫への対応は良くならない」というようなお話をされていました。
映画制作をお願いしたおばあさんは「映画を見て、自分の飼ってるどうぶつを大切にしようと思ってくれたらいい」と言っていました。
どちらも深いな~って感じました。

| あひる | 2010/02/19 14:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teruncho.blog56.fc2.com/tb.php/732-f480300e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT