天然わんこ

モフモフわんこのなるのこと、虹の橋を渡ったてるのこと。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

犬と猫と人間と

「映像グループ ローポジション」を知っていますか?
現代版「蟹工船」としてテレビでも紹介され、現在上映中の「フツーの仕事がしたい」の監督、土屋トカチさんが所属する、フリーランスの映像制作者の共同事務所です。
その「映像グループ ローポジション」さん制作「犬と猫と人間と」の紹介です。


20090123_443187.jpg


20090129_445073.jpg


あらすじ
この映画は一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから生まれた。
頼まれた監督は犬猫の問題にはまったく無知。
そこから犬と猫を取り巻く全国の様々な現場、果てはイギリスや過去に及ぶ、4年近い旅が始まる。
映し出されるのは、犬と猫のかわいい姿だけでなく、行政施設でまもなく殺処分されるという姿、捨てられた命を救おうと奮闘する人々の姿。
そして知られざる多くの事実と、浮かび上がる私たち人間の業…。

作品解説
日本全国で処分される犬と猫は年間約35万頭。
1日あたり1000匹近くが殺されている。
そんなかわいそうな姿など見たくない。
そう思う方も多いだろう。
確かに本作には、目をそむけたくなるような現実も映し出される。
しかし、その姿に涙しながらも、観終えた後は不思議と、救いようのない不快な重さや暗さに引きずられない。
それには、合間に登場する犬と猫のユーモラスな姿が笑いを誘うこともある。
また、淡々とした監督自身のナレーションが観る者の感情を鎮め、困難にめげず活動し続ける人々の生き方が、潰れそうな気持ちを励ます。
動物のことには興味が湧かない、という方もいるだろう。
だが、映画が進むにつれ、本当に見えてくるのは人間の姿だと気づくはずだ。
本作には、感傷を乗り超えて、社会を見つめ直すためのヒントがある。
観終えた後にあなたも、自分にできることを探したい、と思うかもしれない。

「映像グループ ローポジション」HPより引用



「映像グループ ローポジション」ブログより予告編を見ることができます。


この映画はこれから各地で劇場公開できるように働きかけて行かれるそうです。
その後はDVDでの販売や自主上映会の募集などをして、広く観てもらえるようにして行きたいとのことです。

大々的な宣伝などはできないので、人の繋がりの中で広めていってもらえたら・・・と希望されていらっしゃいます。
映画のチラシを置いてもらえるところがあれば、送ってくださるそうです。

一人でも多くの人に見てもらって、処分される犬猫の現実を知ってほしいと思います。



| 映画・DVD | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「マリと子犬の物語」

gatoさんのブログで知りました。
12月8日(土)全国東宝系公開の映画「マリと子犬の物語」だよ。

2004年10月23日の新潟県中越地震・・・あれから3年たったんだね。
地震の当日、3匹の子犬を出産したお母さん犬のマリ。
食べるものもない中で、子犬を守ったマリのことはニュースでも放映されたから、知ってる人も多いよね。
その実話が映画になりました。

mari.jpg
 

ストーリー
2004年10月23日、午後5時56分。
新潟県中越地方を震源として、マグニチュード6.8の地震が起こりました。
“新潟県中越地震”と名づけられたその地震により、闘牛や錦鯉の産地として名高い山古志村(現・長岡市)も非常に大きな被害を受けました。
その山古志村で、失意の底にいた人々を勇気づけた奇跡のエピソードがあったのです。
 
地震の当日、3匹の子犬を出産したお母さん犬の“マリ”。
地震が起こり、人々が全て避難した後、荒廃した自然の中たった1匹で我が子を守り、16日後に3匹の子犬とともに無事に戻ってきたマリの姿は大きな感動を呼びました。
その“我が子と生き抜いた”姿は、地元の被災者を勇気付けただけでなく、中越地震復興の大きな励ましとなりました。




(卓上)マリと子犬の物語 2008カレンダー



「マリと子犬の物語」支援連絡会のサイトでは、本物のマリちゃんとマリちゃん子供たちが見られるよ。
みんなめちゃくちゃ可愛いので、覗いてみてね。





山古志村のマリと三匹の子犬





| 映画・DVD | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「犬と私の10の約束」

inu10_1_1b.jpginu10_1_2b.jpg


「犬と私の10の約束」公式HP


「犬の十戒」から生まれた映画「犬と私の10の約束」が2008年3月に公開される。
「ペット大集合!ポチたま」でも紹介されていたので、気になってたのだ。
舞台が函館だって聞いて、ますます楽しみになってきたよ。
ソックス、可愛い~!



解説

楽しい時も、淋しい時も、犬は黙ってそばにいてくれる。
もし、犬たちが人間の言葉を話せたら、いったい私たちに何を望むのだろう?
そんな疑問に答えてくれる作者不詳の短編詩「犬の10戒」が今、世界中で静かなブームを呼んでいる。

「千の風になって」の犬バージョンとも言えるこの詩では、犬から飼い主へのメッセージという形で、犬が私たちにして欲しい10の約束事が語られている。
そして2008年春、この詩から、一匹の犬とひとりの少女のかけがえのない日々を描いた感動作が誕生します。


物語

北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやって来た。
前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりは“ソックス”と名前をつける。
母はあかりに、犬を飼う時には、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれた。
その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒におとなへの道を歩き始める。

母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての独り暮らし、恋人の事故・・・あかりの人生を揺さぶる、さまざまな出来事。
どんな時も、ずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった。





犬と私の10の約束



| 映画・DVD | 10:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「北極のナヌー」

今までにも何度か「しろくま」のことを書いたので知ってる人は知ってるとおもうけど、あひるは「しろくま」が大好きだ。
そんなあひるには嬉しいような辛いような映画「北極のナヌー」が10月に公開の予定。


nanu.jpg

北極のナヌー プレミアム・エディション




―あなたは知っていますか?
30年後、北極がなくなってしまうことを―


地球温暖化の影響で氷が溶けはじめた北極に生まれたしろくまの「ナヌー」
やがて巣立ちの時を迎えるが、氷が溶けて、狩場を失い、エサを求めて母ぐまと過酷な旅に出ます。
 
強烈なブリザードの中、飢えをしのぎながら移動する日々、やがて訪れる悲しい別れ―。

「北極のナヌー」は想像を絶する苦難を乗り越え、懸命に生き抜こうとうする白くまナヌーの姿を感動的に描いたドキュメンタリー・ドラマです。

構想から10年という長い年月をかけたこの作品は、自然科学の権威「ナショナル ジオグラフィック」が初めて手掛けた長編劇場映画で、「不都合な真実」で地球温暖化に警鐘を鳴らした、アル・ゴア アメリカ元副大統領の娘、クリスティン・ゴアがナレーション脚本に参加していることも話題です。

また日本版では、地球温暖化による環境破壊を訴えるこの映画に賛同した稲垣吾郎がナレーションを、また『ゲド戦記』“テルーの唄”の手嶌 葵が主題歌を担当します。

生きることを決してあきらめなかった1匹の白くまナヌーを通して、地球温暖化を考えてみませんか?




ちなみにあひるは「ホワイトプラネット」「WATARIDORI」「グランブルー」なんかも好きなのだ。
この手のドキュメンタリーは、可愛いだけじゃなく、厳しい自然の中で暮らすどうぶつ達の姿に感動したり、色々と考えさせられたりする。

氷がどんどん少なくなって、「30年後には北極がなくなる」と言われているけど、本当に北極がなくなった時、愛すべきしろくま達はどうなってしまうのかな?なんて考えると泣けてくるよ。

エコだね、エコ!
少しぐらいの暑さ、文句言わずに乗り切らなくちゃ!
と、こんな時はやけに頑張るあひるになったりして・・・


ほっきょくのナヌー ほっきょくのナヌー
ナショナル ジオグラフィック (2007/09/27)
日経BP出版センター
この商品の詳細を見る




| 映画・DVD | 15:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」

1ヵ月以上も更新をサボってしまいました。PCはとうとう買い換えました。
PCは新しくなったけど、ブログの更新は...サボるかもです。
暑くなってきて、ますますダレダレだけど、てるもあひるもとうちゃんも元気でやってます!・・・・・

fuji0611.jpg


原因不明の病気で尾びれを失ったバンドウイルカの「フジ」を知っていますか?
フジは1976年、静岡県の川奈から沖縄に来ました。
フジという名前は、富士山にちなんでつけられました。
いままで3頭の子供を育てた、子育てが大好きなお母さんイルカです。
2002年10月頃、病気がもとで、尾びれの先が壊死して腐ってしまい、病気の進行を止めるために壊死した部分を切除。
尾びれの75%を失ってしまったのです。
「フジを助けたい、もういちど泳がせてあげたい」と立ち上がった獣医の熱意で始まった「人工尾びれプロジェクト」
水族館からの要請を受けて人工尾びれの制作を開始したのは、なんとタイヤメーカーの「ブリヂストン」です。
尾びれが腐ってしまい、切断しなければ壊死が体にまで進行してしまう...尾びれの4分の3を失うことで、一命はとりとめたフジ。
けれど、小さなうちわのような尾びれでは泳ぐことができず、手術後は一頭でプールの隅にぽつりと浮くだけとなりました。そのために運動量が極端に減って、でっぶりと太り、コレステロールも高く、成人病そのものだったそうです。
人工尾びれが完成してから、フジはリハビリ訓練を始めます。
いまではプールサイドで人工尾びれを見せるとすぐに寄ってきて、ジャンプをしたり、ほかのイルカたちと元気に泳げるようになりました。


「沖縄美ら海水族館」 「美ら海 イルカ日記」で、フジの姿が見られます。
そして、フジがより使いやすい人工尾びれにするために、プロジェクトはまだまだ続いています...


01.jpg

こんなイルカのフジ「人工尾びれプロジェクト」の実話が映画になりました。
7月7日公開!「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」 映画には、フジ本人(?)が出演しています!


■関連書籍 


■DVD

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ[限定版]



| 映画・DVD | 12:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |